コミュ障は先に言っちゃうと楽になるよ、という話

今回は前回と打って変わって小技的な話です。

 

会話が苦手でテンパりがちな人って、変によく見せようとするのがかえってマイナスになったりします。

 

これ、逆に例えば緊張してるなら、緊張してるということを相手に伝えた方がかなり気持ちが楽になるという小技があるんですよね。

 

これは会話だけに限りません。苦手なことは先に言っておくと自分も気持ちが楽だし、相手も自分のことを先に分かってくれてるので構える姿勢ができるんですよね。

 

例えば、デリカシーのないことを悪気なく言ってしまいがちなら、普段から『俺、ちょいちょい悪気なく言っちゃうのが悩みやねんな~、、』といったことを言っておく。

 

これを言わずにデリカシーのないことを言ってしまうと、『えっ・・・・』みたいな気まずい雰囲気になってしまうところ。

 

これが事前に伝えておくことによって、仮にデリカシーのないことを言ってしまったとしても、

 

『ほらまたデリカシーのないこと言う!』

 

みたいなツッコミが入ったりして場が収まります。

 

音声でこの辺しゃべってなかったので、冒頭で補足しておきました。それでは、続きは音声で!

 

ここから先はマガジン購読者限定公開です。

ここから先は月額864円の『ウケしか考えないファッションマガジン』購読者のみ、見ることができるコンテンツとなっております。購読希望の方は以下より購読の申し込みをお願いいたします。


>>振込・コンビニ払い・JCBカードで購読の方はこちら

既存ユーザのログイン